The Indigo Items

インディゴ上画-101

インディゴランディングページ-タイトル画

インディゴ平置き画-101

インディゴランディングページ108

インディゴランディングページ-タイトル画-002

インディゴランディングページ104

インディゴランディングページ105

ロープ染色、チーズ染色、シート染色、カセ染め…

このようにインディゴで糸を染める方法はいくつか存在し、

出来上がる製品の用途や雰囲気によってどの方法で染められた糸を使うかが異なってきます。

オルゲイユのインディゴアイテムでも商品によって糸の染め方を変えています。

写真はインディゴ染めの中でも比較的知名度の高いロープ染色。

オルゲイユのジーンズやインディゴTシャツに使われる糸がこのロープ染色で染められいます。

インディゴランディングページ106

インディゴランディングページ107

インディゴランディングページ109

こちらは巻かれた糸を徐々に染め上げていく工程。

白の糸を時間をかけて染め上げていきます。

インディゴランディングページ110

インディゴランディングページ111

インディゴランディングページ112

インディゴは酸化染料の為、空気に触れることでブルーへと変化していきます。

インディゴは繊維への浸透、定着が弱い為、何度もインディゴに浸し、空気に触れさせる必要があり、

時間をかけ、ゆっくりと深いブルーへと染め上げていきます。

インディゴランディングページ113

ロープ染色は糸の芯までインディゴが染まりにくく、糸の中心が白く残るのが一般的です。

そのため、糸の芯が経年変化と共に徐々に姿を現します。

ジーンズに代表されるような豊かな色落ちはこのようなインディゴの特性、また染色方法によるものなのです。

インディゴランディングページ114

染め上げられたインディゴ糸を綺麗に束ねビームに巻いていきます。

いよいよ織りの工程に入っていきます。

下で紹介する写真は主にジーンズの生地となるデニムを織る旧式の織機。

大変希少な旧式の織機は、大量生産初期のムラがあり、毛羽立った生地感を再現するには欠かせない機械です。

インディゴランディングページ115

インディゴランディングページ-タイトル画-003

インディゴランディングページ117

インディゴランディングページ118

インディゴランディングページ116

経糸をセットし織り上げていきます。

職人がデリケートな機械の面倒を見つつ、織りの工程を仕上げていきます。

20180305_002

20170727_002

紡績、染色、製織の工程を経て、我々にもなじみ深いデニムの形となっていきます。

日本国内の選りすぐりの工場で、長年インディゴ製品を作り上げてきた職人たちによって時間をかけて生み出されるこだわりの生地はオルゲイユにとって欠かせないものです。

インディゴランディングページ119

インディゴランディングページ120

インディゴと一口に言ってもその表情は使う糸や染色方法、また織り方によって異なります。

次はインディゴの魅力を色落ちの観点から見ていきます。

インディゴ色落ち-101

インディゴランディングページ-タイトル画-004

インディゴ色落ち-107

ここで紹介するのはスタッフが数年穿き込んだオルゲイユのジーンズ。

長く穿き込むことで、色落ちし、しわが刻まれ、迫力を増し、他の何にも代え難い作品へとジーンズは変化していきます。

上が数か月穿き込んだもので下が数年経過したもの。

穿きはじめはインディゴの深い色合いが残り、うっすらと青さが抜けてきただけ。

それが長年穿き続けることで、凹凸感が増し、立体感が現れ、色合いも濃いブルーから薄く、そしてブラウンがかった色味に変化しています。

インディゴ色落ち-106

インディゴ色落ち-103

わざとらしさのない自然な色落ち。

腰回りのヒゲも主張し過ぎず、派手ではないが玄人好みの色落ちをしています。

インディゴ色落ち-104

ベルトや座った時にこすれやすいコインポケット部。

他の部分とのグラデーションが何とも言えない美しさです。

インディゴ色落ち-105

膝裏のハチの巣も自然に、しかししっかりと立体感は出しつつ経年変化しています。

全体に淡く色落ちしつつ、ポイントではきちんと凹凸感を表現した色落ち。

ジーンズに無理をさせずに大切に穿いたことがわかります。

インディゴ色落ち-102

インディゴという特別な染料によって生み出される極上の時間。

時間をかけ、ゆっくりと愛用品を育てるという行為は贅沢な大人の遊びなのかもしれません。

インディゴ重ね画-101

インディゴランディングページ-タイトル画-005+++----++

OR-1001 OR-1011 OR-1033
OR-1001 Tailor Jeans OR-1011 Five Pocket Jeans OR-1033 Slim Tapered Jeans

 

▲【Regular Jeans】▲

インディゴアイテムと言われて真っ先に思い浮かぶものはジーンズではないでしょうか。

長年穿き続けられるタフさ、穿き込むことで生まれる豊かな色落ち。

まさに永遠のスタンダードといえるジーンズの魅力は尽きることがありません。

OR-1011U OR-1040B
OR-1011U Five Pocket Jeans OR-1040B Linen Denim Trousers

 

▲【Denim Trousers】▲

ユーズド加工はレベルの高い加工技術はもちろん、ここから穿き込むことで徐々に変化していく様も楽しめます。

スラックスとジーンズの中間のような上品さとカジュアルさを兼ね備えたデニムトラウザーはデニムの新しい可能性を拡げる一本。

OR-5027A OR-5027U
OR-5027A Shawl Collar Shirt OR-5027U Shawl Collar Shirt

 

▲【Indigo Discharge Printing Shirt】▲

インディゴベースの生地を抜染しクラシカルなチェック柄をプリントした人気のアイテム。

OR-5027Aはワンウォッシュ、OR-5027Uはユーズドカラー。

最初からインディゴの経年変化を楽しむのも良し、ユーズド状態からさらに着込んで風合いを増すのも良し。

OR-5002B OR-5007E OR-5007D
OR-5002B Windsor Collar Shirt OR-5007E Shawl Collar Shirt(長袖) OR-5007D Shawl Collar Shirt(7分袖)

 

▲【Indigo Stripe Shirt】▲

生地を織り上げる際にインディゴ糸を織り交ぜたアイテム。

クラシックな雰囲気とパッと目を引くインディゴストライプが美しい定番シャツ。

OR-9013I OR-5009D
OR-9013I Indigo T-Shirt OR-5009D Short Sleeve Shirt

 

▲【Indigo Short Sleeve】▲

インディゴ染めの半袖Tシャツやシャツもご用意しております。

ロープ染色で染めた糸を使ったインディゴT。

旧式の織機で織り上げたワークシャツ。

それぞれまったく違った表情を楽しめるのもインディゴの魅力です。

OR-4096A OR-5028A OR-1043
OR-4096A Nep Chambray Gilet OR-5028A Shawl Collar Shirt OR-1043 8-Length Trousers

 

▲【Chambray Items】▲

平織りのシャンブレー地はインディゴのアイテムの中でも淡い色合いが特徴。

軽やかな色合いは春夏のイメージにぴったり。

ジーンズやデニム素材との相性も良く、経年変化も楽しめるアイテム。

OR-4012D OR-4098
OR-4012D Denim Sack Jacket OR-4098 Pullover Denim Jacket

 

▲【Denim Jacket】▲

デニムサックジャケットにプルオーバージャケット。

別素材のトラウザーと合わせるのはもちろん、ジーンズとのセットアップもおすすめ。

ジーンズやシャツ同様、経年変化が楽しみなアイテム。

ゆっくりと色落ちを楽しめるのも魅力です。

OR-4093B OR-4094B OR-1045B
OR-4093B Herringbone Jacket OR-4093B Herringbone Gilet OR-1045B Herringbone Trousers

 

▲【Indigo Three Pieces】▲

インディゴ糸をヘリンボン地に編み上げたトラウザー。

インディゴならではのどこか羽織りやすい雰囲気ながら

スリーピースやセットアップでまとめると上品にまとまるアイテムです。

上質な空間にもインディゴを。

遊び心の利いた大人のインディゴアイテムです。

20171114_006