The Story of Down Parka

ダウンスタイリング-バナー-101++++

ダウンジャケット-スナップ-タイトル画-修正++

ダウンスタイリング-107

1930年代にアメリカで誕生した名作ダウンジャケット。
それは寒冷地でのアクティブな活動を実現する為に生まれた、
真冬でも体温を損なわず、安全にアクティビティをする為の機能性、実用性を兼ね備えたダウンジャケットでした。
ファッション性のあるダイヤモンドキルティングは中綿であるダウンを満遍なくボディに広げ、
保持するための役割を果たし、高い保温性を担保するデザインとなっています。

オルゲイユのダウンパーカはそんな名作ダウンジャケットの機能的でありファッショナブルなデザインをその本来の意味を損なわず受け継ぎ、より現代的でスタイリッシュな雰囲気にアップデートしています。
ダイヤモンドキルティングはオリジナルよりも縦に細長くデザインをし、より繊細で洗練された印象に。
均一にムラなくダウンを仕込み、偏りをできるだけなくしつつ、高いファッション性も実現したデザインです。

表地の60/40クロスはアウトドアウェアでは定番の高性能な生地。
現代的な光沢の強い化繊100%の生地とは異なり、コットンとナイロンを織り合わせた生地は独特のマットな光沢とコシのある丈夫な質感が魅力です。
堅牢な雰囲気を漂わすその生地は蒸れにくく、防水性に優れ、摩耗にも強い高機能なもの。
厳しい環境にさらされるアウトドアアクティビティにおけるダウンジャケットの機能性をより高めてくれる生地です。
またそのヘビーデューティーな質感は存在感も抜群で、ジャケットそのものの機能面だけでなく、所有感や満足感という面でも私たちを満たしてくれます。

ダウンスタイリング-105

ダウンスタイリング-103

ダウンスタイリング-106

オリジナルをそのまま復刻、再現するだけでは面白くない。
オルゲイユ独自の解釈やストーリーがあってこそ、よりその魅力は増すと私たちは考えています。

今回、このダウンジャケットを製作するにあたって私たちが作り上げたストーリーは、
“もし、アメリカ海軍が寒冷地でのレインパーカとしてダウンジャケットを採用していたら”というもの。
このアイテムが“ダウンパーカ”と名付けられているのはそのようなストーリーが背景としてあるからなのです。

1940年代のアメリカ海軍のレインパーカと名作ダウンジャケットを掛け合わせ、
厳しい環境下に置かれる海兵たちの体を寒さから守る道具としてのダウンパーカを思い描き、ネイビーウェア由来のデザインを積極的に取り入れました。
オリジナルには付属しないフードはレインパーカから、デザイン性のあるポケットは初期のN-1デッキジャケットからデザインを踏襲しています。

真冬の甲板の上や港での作業を想像し、より機能的で扱いやすく、また何よりも温かいジャケットを。
そんなことを考えた結果のデザインです。

天然のラクーンファーは風の侵入を最小限に抑えるためのもの。
出し入れを容易にできるポケットにはかじかんだ手を包み込むファーを仕込みました。
着用する人を思いながら施した一つ一つの意匠は結果として高いファッション性を帯びました。

ダウンスタイリング-108

ダウンスタイリング-0109

厳しい環境下でこのジャケットを着用する人の事を第一に考えた質実剛健なつくりながら、
実際に着用した雰囲気は軽快でモダン、タウンユースに適したものとなりました。

この物語に満ちたジャケットをファッションとして気軽に楽しむのも良し、
あるいはそのストーリーを思い描きながら、自分だけの新たなストーリーを紡ぎ出していくのも良し。

ファッション性とストーリー性、そのどちらにも富んだオルゲイユのダウンパーカは他にはない輝きを放った一着です。

ダウンスタイリング-104

ご購入はこちらから

■OR-4116 Down Parka

OR-4116-1001

OR-4116-1002

OR-4116-1003