Leather Cutting レザーの裁断工程

Leather Cutting レザー裁断工程
Leather Cutting レザー裁断工程

Leather Cutting レザー裁断工程

オルゲイユのレザー製品を製作している現場の撮影をさせてもらいました。

上記の写真は、裁断前の馬革の状態 (半裁といわれる1頭の革を半分に断ち切ったモノ)

革の表面を見ると、部位によって表情や質感が異なっているのが分かります。

Leather Cutting レザー裁断工程

革にはレザーの大きさを示すシール 10cm×10cmが単位デシ平方メートル(d㎡)

上記の337デシは184cm×184cmの正方形の大きさ(かなりの大きさだということが分かりますね)

オルゲイユのジャケット1枚製作するのに、この半裁が約1枚必要です。

 

Leather Cutting レザー裁断工程

天然素材の難しいところは、まったく同じモノが存在しないという点

厚み、質感、キズ、ハリ感、色合い...それぞれの質感を見極めて、それぞれのパーツに裁断していくには経験と知識を要します。

 

Leather Cutting レザー裁断工程


所有者の目印の為にファームで焼印を押されたマーキング部分

 

Leather Cutting レザー裁断工程


天然素材を使ってのアイテム製作には難しいスキルを要しますが、

合皮では決して表現出来ない雰囲気・持ち味を持っています。

 

Leather Cutting レザー裁断工程


裁断前の革の確認作業

見た目のキズや質感で判断するだけでなく、パターンをおく前には実施に触って手の感覚で革の状態を確かめます。

手で触ることで革の厚みの違いや見えない凹凸が分かるそうです。

Leather Cutting レザー裁断工程
レザーの状態を繊細に把握する職人さんの手

 

Leather Cutting レザー裁断工程


レザーの色合いによって、厚紙の置き方も変わります。

 

Leather Cutting レザー裁断工程


革の癖、表情を読み取りながら厚紙の落とし込んだパターンを丁寧に置いて切る前の工程

 

Leather Cutting レザー裁断工程


しっかりと厚紙を押さえ、裁ち包丁を使って革を裁断します。

 

013


切れ味がとても重要となってくる裁ちの工程。

3着分を裁断する毎に研ぎ直す..

職人さんの丁寧さとスキル仕事ぶりには脱帽します。

 

Leather Cutting レザー裁断工程


Cutting014


裁断士の職人さん曰く 裁断工程とは

「毎日、正解がない答えを探し続けています..」

どのパーツをどの向きにどう置くと製品の見た目・シルエットが良くなるか...
着心地を考えて革の厚みをどうするか...
耐久性を考えての折り返す部分の幅をどうするか...

よりお客さんが満足するアイテムを製作しようとする

この直向な精神が見た目的にも、着た時にも最高のアイテムを作り出しています。

改めて日本のモノ作りの精神の良さを感じました。

 

Cutting015


カッター(裁断士) yamada

 
レザーの漉き工程
 

>トップページに戻る